2019年02月12日

ぬか漬けを始める

ぬか漬けが好きで時々スーパーで購入していたのですが、多くの商品はキュウリ多め。
できれば寒い時期は大根やにんじんが食べたいですし、なにより売っているものは量が多くて食べきれないことしばしば。
そこですぐに漬けることができるぬか床があると聞き、購入して自家製ぬか漬けを作ってみることにしました。
購入したのは減農薬・無農薬のお米の米ぬか。
初めはぬかの匂いが結構強くてどうなるかと思いましたが、つけ始めて1週間を超え出すとぬかの香りは落ち着きました。
1日ではちょっと物足りなくて3日以上漬けるようになると、今度はぬかの風味よりも塩気を強く感じるように。
水分も少しずつ出てきたので旨味を増やすために干し椎茸をいれたり、野菜を変えたりしていると、ようやくほのかにぬか漬けの風味(というか乳酸菌?)がでて美味しくなってきました。
よく「ぬか床は持って行く!」なんて映画やドラマで見ますが、なるほどこんなに味や風味が変わるのであれば確かに一点もので大切にするなぁと納得。
まだまだ我が家のぬか床は安定しませんが、野菜の保存や箸休めに助かっているのであまり気負いせずつけてきたいと思います。
今の所一番好きなのは人参と干し椎茸。葉物野菜やじゃがいもなんかも漬けると美味しいそうなので、どんどん挑戦していきたいと思います。
posted by atelier ricca at 11:35| Comment(0) | life

2019年02月07日

作品を追加しました

DSC06862.jpg

新しい作品を追加しました。

名刺
http://www.ricca-web.com/work/hkr/work_hkr1.html

名刺とショップカード
http://www.ricca-web.com/work/slw/work_slw1.html

完成品の発送は完了しているのですが、制作者に届くサンプルがなかなか来なくて
仕上がりがどうだったのか(今回はどちらも初めてのご依頼者でしたし)
もう毎日ヤキモキしてポストを何度も見に行きました。
ようやく手にとって、一安心...
人手不足と配送業者の働き方改革で色々事情もあるのでしょうから、今後は慌てず気長に待とうと思います。
でも多分ポストは毎日見に行くでしょうな(笑)

いつもご依頼頂いている方には馴染みのイラストや手書きの文字を使ったデザイン。
果たして初めての方にも受け入れてもらえるのか、不安も少々ありましたが
(その割には第一案で出しちゃうんですけどね)どちらも気に入っていただけたよう。
今後も私らしいイラストやデザインを精進していきたいと思います。
posted by atelier ricca at 16:31| Comment(0) | news

2019年01月30日

にんじんの外側サラダ

今月は初詣に始まり、えべっさん、どんと焼き、鷽替え神事と天満宮に毎週行っていました。
えべっさんは関西(西日本?)だけ行なっているらしく、鷽替えは全国の天満宮だけ行なっているそう。
本家の西宮神社や太宰府天満宮は同じ神事でも盛大なので比べ物になりませんが、気軽に気分を味わえるのが身近な天満宮の良いところ。
(西宮神社のえべっさん期間中は屋台の量がものすごいことになって、これはこれでとても楽しいです)

DSC06806.jpg

「くらすこと」で連載していたアダンソニアさんの特集から「にんじんの外側をつかったサラダ」を作ってみました。
もう説明する必要がないぐらい糸島で有名なアダンソニアさん。
毎年「いきたいよー!」と言いながらもなぜか天候にめぐまれなかったりして(本当にもう。笑)まだ再訪できていないのですが、
風の噂を聞いたり、大好きなシュトレンをいただいたりと、ほそーいご縁は未だ続いている、と思っています。
ほんわかした人柄や、お店の感じ、もちろん作っている料理も、なんとも表現しにくいのですがとにかく素敵。
このサラダも一見すると「にんじんのおしゃれサラダ」なのですが、さっとマリネ液を作っていたり塩を使っていなかったり、大豆がはいるんだー!といろんな発見がたくさん。
今回は洋梨が見つからなくて、旬のいちごに変えて、いちごだから紫たまねぎを普通の玉ねぎにして、と結構変更してしまったので、きっと本来の美味しさではないと思いますが、それでも野菜それぞれの美味しさが味わえるものに。
今度は「にんじんの内側でピラフ」も作ってみようと思います(今回はミネストローネに内側は使いました)

レシピはこちらのウェブマガジンから
くらすこと
https://www.kurasukoto.com/
posted by atelier ricca at 18:26| Comment(0) | life

2019年01月23日

着物とアンパンとNetflix

新しく着物を買ってしまい、とうとう外出したい欲に勝てず、着物でお出かけしました。
どうせだったらと福袋を購入し、以前から行きたかったアンティーク着物屋さんへ。
所謂「着物警察」の方から(我が家ではポリスと呼んでいる)呆れられそうな、ベレー帽にレザーシューズという格好で震えながら電車に乗りましたよ!
でも結局誰も何も言わず(実際はそんなものですよね。自由な大阪ですし。)
お店ではこれからの時期に使う羽織を欲しいなと思っていたので、店員さんときゃっきゃしながらモダンな羽織を購入しました。
店員さんとは初めて会ったとは思えない「この組み合わせ可愛いよね!」の分かる感に、お店を出てすぐにまた来ると即決意。
こうやってさらに着物沼へとはまっていくのでした。

DSC06786.jpg

今月のパン教室はアンパンとドーナツでした。
ドーナツはコーティングが全然固まらないまま運んでしまったので、なんだかちょっとな姿なので写真は載せませんが、
どちらも同じ生地で、揚げるか焼くかでこんなに変わることが発見でした。
強力粉だけでなく薄力粉も使うのですが、我が家に薄力粉がないので米粉でなんとかなるものなのかどうかちょっと試してみようかと思っています。
思っていたよりはアンパンが簡単だったので、いつか自宅で作ってみたいです。

最近のNetflix
イギリスの「Love Your Garden」というが最近のお気に入り。
いろんな事情(車椅子とかが多いかな)で現状楽しめていない庭をプロが変える番組です。
この中に登場する造園家と園芸家の女性が野良仕事(失礼)とは思えない素敵なファッションで!
カッパやレインシューズすらオシャレで、庭はもちろんファッションも楽しめます。
イギリスといえばレイチェル・クーの「レイシェルのキッチンノート」の欠かさず!1話たりとも欠かさず見ています。
おいしそうな料理に素敵なインテリアやファッションは見ているだけで元気になります。

最近はそんな感じです。
posted by atelier ricca at 20:59| Comment(0) | life

2019年01月18日

着物沼に片足はいる

IMG_6827.JPG

数年前から毎年浴衣を着るようになり、親戚から小紋の着物を頂いたり、ふつふつと着物熱は上がっていたのですが、ついに自分でも気軽に着られるウールの着物を購入してしまいました(しかも福袋で帯や帯しめもセット)
まだ全然小物が揃っていないのに!笑
そこから長襦袢や草履を買い、半襟を悪戦苦闘しながらつけて、あーでもないこーでもないと言いながら暇さえあれば練習をして、ようやくそれっぽく着られるようになりました。
といっても衿の具合ももっと調整したいですし、何より私ができるのは半幅帯だけ。
いずれはお太鼓も結べなきゃいかんしなーとか考えるとまだまだ着物を楽しむには遠い道のり。
でも着物によって帯の色や柄、半襟など重ねて楽しむ着物の面白さはなんとなくわかってきて、
あれも欲しいな、今度はこの色もなんて妄想しているうちにきっと着物沼にハマるんだろうと思います。

しかしもうタンスに空きがないよ。ははは...
posted by atelier ricca at 17:30| Comment(0) | life