2019年04月24日

GW前

IMG_7479.JPG

「ニュースやスマホを見なければ新元号を知らずにどれだけ過ごせるかレース」を1人やっていたのは4月1日。
(ちなみにレース結果は3時間でした。主人からとある記事のメールを送られてそれで知る)
あれよあれよという間にGW前のバタバタ感になっています。
普段と変わらない生活をしているはずなのですが、気候が良いのでついつい外出してしまうんですよね。
今更ですが今年の桜は長く楽しめてよかったです。



IMG_7527.JPG

アトリエ通信にも書いている「富久錦」(http://www.fukunishiki.co.jp/)にも先日行ってきました。
車でしかなかなかいけない山の中の酒蔵ですが、のんびりとしてとっても良いところです。
ぜひGWのお出かけに。

そして地下鉄車内で電子パスと鍵を落とすという大失態をしてしまいました...よりによって帰りのラッシュ時間に。
家には入れずいつものカフェで白目になりながら30分ほど待って問い合わせたところ、だいぶん先の駅に無事に届けられていました。
はああああああーーーーもう感謝感謝。一緒に入っていたお守りが効いた!少し前にお財布を拾って交番に届ける善行をしていてよかった!
世の中の親切な人に感謝しつつ、今後も善行していきます(本当にどうなることかと...)
posted by atelier ricca at 20:55| life

2019年04月23日

2019.4 アトリエ通信

posted by atelier ricca at 20:27| works

2019年04月17日

作品を追加しました

DSC07119.jpg

新しい作品を追加しました。
http://www.ricca-web.com/work/may/work_may01.html

私も一度教室に参加させていただいたことがある「豆屋の台所」さんです。
ありがたいことに、本当にありがたいことにご依頼いただく方みなさん素敵な方で、
豆屋さんもただお菓子を作るのではなく、豆や発酵などを使った体に優しいお菓子を作ってらっしゃいます。
(私の参加した感想はこちら:http://ecooking.sblo.jp/article/185692335.html
今回は名刺とシールですが、他にもいろいろ話が出ているので今後もお楽しみに。
posted by atelier ricca at 10:45| news

2019年04月11日

法事にて

先日祖父と曽祖父の法事を行いました。
祖父は13回忌、曽祖父はなんと50回忌!(もちろん会ったことない)
私が大学の時に祖父は実質事故で亡くなったのですが、今でも母とあの時は本当に大変だったと苦笑いするぐらい衝撃的で色々と「大人」になった時でした。
まだ冠婚葬祭というものに出たことがないのにいきなり主催側になってしまい、さらに全く田舎のしきたりも知らず、なんなら亡くなったのがまさかの12月31日で(葬儀場が開いていない)、人が住んでいなかった田舎の実家に知らない親戚がわんさか来て、もう緊急も緊急事態。
わがままな私の選択を唯一すんなり応援してくれた祖父が危篤ということがショックすぎて、年末で救急の受け入れ先が見つからなくて、もういろんなことが辛くて集中治療室にいる時から号泣していたのですが、お通夜の前日からその涙が出なくなるぐらいてんてこまいに。
こういう緊急事態に何も言わず手をかしてくれた人は今でも感謝しています。それまで全く面識のなかった親戚の人とも仲良くなりました。
ボロボロだった田舎の実家も人が呼べるぐらいに綺麗にし、今では両親の別邸として(笑)活躍しています。
大変な経験ではあったけれど、今となっては思い出の1つ。
亡くなったのは寒い年末でしたが、13回忌はポカポカ陽気の優しい春の日に。
posted by atelier ricca at 21:36| life

2019年04月05日

今年の桜はのんびりで

R0014135.jpg

このところ暖かくなるのが早くて、桜も早く咲く年が多かったので
今年も早いのかなと思っていたら、ある時から急に寒い日が続き3分咲きでピタッと止まってしまいました。
寒い日の間は30分おきに大粒の雨が降ったり、みぞれやひょう?が降ったり、
一部停電してしまうような落雷があったり、突風がふいたり、とにかく大荒れの天気で。
ようやく暖かい日になり、一気にご近所の桜も満開となりました。
まだ関西でもちょっと寒いところは咲き始めだそうで、お出かけついでに長く楽しめそうです。

写真は3分咲きぐらいの桜を久しぶりにGRで撮影。
寒い時に撮ったから、空が寒そう。
posted by atelier ricca at 21:19| life

2019年04月02日

The KIMONO Styled and Restyled

DSC07112.jpg

京都経済センターのこけら落としてして行われた「The KIMONO Styled and Restyled−ファッションとしてのきもの1300年−」へ駆け込みで行ってきました。
奈良時代から江戸時代の染織衣装をずらっと再現・スタイリングをした展覧会。
いわゆる着物が中心なのですが、時代時代によってその着こなしは本当に自由自在で、むしろ今の着物の方が決まりごとが多いんじゃないかと思うぐらい。そりゃ毎日着るものに、今のようなルールがあったらめんどくさくてやってられません。

DSC07099.jpg

こちらは奈良時代の衣装。着物と言うよりは中国の衣装のようなデザインで、色の組み合わせもカラフル。
袴っぽい服はこんな昔からあったんですね(私にはプリーツスカートに見えて仕方がない。)


DSC07101.jpg

DSC07103.jpg

鎌倉時代に女性でもちょっとした旅に行くようになり、動きやすい服装へ。
蓮根柄とかチェック柄とか、布のデザイン自体もすごく可愛い。色味も今時のどぎつい色合いじゃなくて素敵。
さらに働きやすいような着こなしには、よくよく見ると現在の帯的なものはなし。おはしょりも知ったことじゃありません。


DSC07108.jpg

こちらはお祭りの衣装ですが、腰紐が赤で、着物が黒、帯がチェックというのがすごく素敵で!
ピシッとしすぎていないところにもこなれ感があって、色気があって!


DSC07117.jpg

こちらは江戸の職業別衣装。大胆なビッグリボン結び(笑)素敵ー
もう終始素敵素敵と独り言を言いながら楽しみました。

初心者ながら着物を着始めると、楽しさと共に「暗黙のルール」というのが数多くあることに気がつきます。
なんとなくそのルールに沿っていないと、ちらっとおばさまからみられることも(意識過剰すぎかな...でも若い子の着方はなってない!とお怒りのおばさまはいる)
いわゆる「着物界の常識」みたいなものなのでしょうが、その難しいルールがますます着物にとっつきにくくさせているよね、ととても思います。
もちろん冠婚葬祭の時は、私もキチンの着付けをしてもらい補正もしたり、TPOに合わせた組み合わせをお願いします。
でも普段は襦袢の代わりにブラウスを着たって、靴やブーツを履いたって、帽子と合わせたり洋服アイテムをミックスしてもいいじゃない、と。
着物への価値を上げたい人からすると、なんてことを!と言われそうですが...でも多くの人がファストファッションを着る時代。
もう少し寛容になってもいいんじゃないかな、と思います。
だめですかねー
posted by atelier ricca at 16:21| life

2019年03月27日

改めましてご案内


DSC07075.jpg

いつもこちらのブログに遊びに来て頂きありがとうございます。
多くの方にみていただこうとバンバン宣伝なんてまったくしていないブログですが、新しくご覧になっている方もちらほら増えているらしい(らしい)
ということで簡単ですが改めてご案内をさせて頂きます。

こちらは「アトリエ立夏」の日々の出来事やご案内を載せているブログです。本当になんてことない内容ばかりです。
「アトリエ立夏」(サイトはこちら)は関西と、なぜか福岡をメインにデザイン業務を行なっています。
「アトリエ立夏」に関しては下記でさらにご紹介を。
また以前はこちらのブログに載せていたお菓子作り(米粉のお菓子、小麦パン等)はボリュームが多くなったため別のブログにまとめています。
ブログはこちら
書籍や教室からのレシピがほとんどで、どのレシピも本当に先生方が苦労して開発したものなので、あくまでも製作記録という形にしています。

アトリエ立夏は...
現在、関西と福岡をメインにデザイン業務を行なっています。
デザイン、というととても大きなくくりですが、
印刷物などの販促物やロゴデザイン、イラストなどのグラフィックデザインやwebデザイン(ただしそこまで複雑なものはできません。悪しからず)、撮影(室内や物撮り、人物)
変わったところだと看板のデザインや文字自体の作成を共同で作成したこともあります。
会社勤務時はもっといろんなことをしていましたが、デザイン職の人の多くはいろんなことをすることが多いですので、これぐらいは普通です。
ちなみに元々は建築設計をしていたので(もうその知識は化石となり図面を読むぐらいしかできません)模型作りとカッターさばきは、後々の転職先でも役立ちました(サンプルや製本などもよくつくったので)
さらには店舗運営のコンサルとか、お店のブランディングの相談も受けたりしています。
ようするに何でも屋です。

というかデザインってそういうものだと思っています。

名刺や印刷物を言われるがまま作って、お金もらって、という仕事ももちろんありますが、
少なくともご依頼される方は現状困っていることがあり、それを少しでもよくしたいと思っているのがほとんどなのでどうして困っているのか、どう使っていきたいのかとかとにかくお話をたくさんして頂きます。
私がこういうものを作りたいではなく、相手がどういうものを求めているかを常に心がけている、つもりです。
でも、どうしても異議ありの場合は、遠慮なく言っちゃいますが(笑)
あと本業あっての販促物なので、負担にならないか(手間や金銭面等)、持続できるかも気にかけるようにしています。

デザイン自体は作品をみていただければ一番わかると思いますが、
派手であったり商売繁盛、目立つキャッチーなものは申し訳ありませんが苦手です(笑)
本当にありがたーーーーいことに「そこがいいの!」とおっしゃってくださるお客様に支えられ、今日まで続いています。
またご質問などあればお気軽にメールいただければと思います。

今度も宜しくお願い致します。
posted by atelier ricca at 21:10| news

2019年03月19日

Queenと最近のNetflix

映画「ボヘミアンラプソディー」大人気だそうで。
私は見に行ってはいないのですが、その関連で様々なところでQueenの特集に遭遇しています。
Queenって改めてどんな曲だっけ、というぐらいの知識しかなかったのですが、あの曲もこの曲もQueen!(私の中でQueenはフレディ・マーキュリーの謎の白い衣装に髭というちょっとむさ苦しいイメージ。笑)
毎週欠かさず見ている音楽番組「関ジャム」のQueen特集はPVも紹介されていて、「ボヘミアンラプソディー」のPVの謎さに悶絶。
サカナクションのラジオ番組「NFR」でもQueen特集をしていて、多重録音の狂気(笑)っぷりを知り、
さらにNHKスペシャルのはやぶさ特集でギターのブライアン・メイが登場し(天体物理学博士号)、
テレ東のビジネス番組でも登場し...Queenのすごさを今更ながら知りました。
今まで全然興味のなかったQueenでしたが、いろんな情報を知るとすごいよい曲に聞こえてくるもので、ちょっとCDとか欲しくなっています(ミーハー)

最近のNetflix
(※私は普通のテレビはニュース含め見たいものだけ録画、家事をしながらNetflixをみています)

・リトルフォレストの冬と春
みていなかった残りの季節をみました。やっぱりこの映画は素敵です。
生きるために生活をする、というとてもシンプルなライフスタイルは大変ですがとても憧れます。
素朴な料理や農業のちょっとした知識、田舎の暮らしも楽しめます。
たぶんまた全話見ると思う。

・にがくてあまい
漫画原作の映画で、野菜嫌いのダメ生活をしている主人公がベジタリアンのゲイを会って、さぁどう生活が変わるか?!というコメディーのような楽しい映画です。
こちらはベジタリアンの料理がたくさんでてきてどれも美味しそうで!(アトリエ通信にも載せていますが1つ作ってみました)
レシピ集もでているそうでちょっと気になります。

・ピアノの森
クラシック音楽が好きなのですが、のだめに続く私の中で大ヒット中の音楽アニメです。
現在ショパンコンクールのファイナル中なのですが、キャラクターに合わせてピアノ演奏も違うピアニストが行なっているこだわり(さすがNHK)
暗くて重い曲は確かに多いけれど、ショパンのピアノ曲が好きなので、見るというより聴いていて楽しくなるアニメです。
作品内で登場したピアノはそれぞれのピアニストごとにまとめてCDも出るらしく、気になる!!!と悩んでいるところ。

・ドリーム・ガーデン
イギリスのガーデン番組といえばモンティ・ドン!
そのモンティ・ドンがお悩みの庭にアドバイスをしながら、持ち主が悪戦苦闘して新しい庭を作っていくいわゆる「ビフォーアフター系番組」
ガーデン番組はやっぱりイギリスがすごく面白いし、なによりどの庭も素敵で庭に対する情熱がすごい。
残念ながら今の我が家では庭なんてこれっぽっちもですが、それでも植物に合わせた手入れや植え方のアイディアはためになります。
何よりみていてリラックスできます。

テレビは自分の好きなものをしっかり見る派
posted by atelier ricca at 19:02| life

2019年03月16日

2019.3 アトリエ通信

IMG_7335.JPG

映画「にがくてあまい」はどの料理も美味しそうでした。
posted by atelier ricca at 14:22| works

2019年03月09日

その後の着物遊び

1月に着物を着てから、それっきり...になるかと思いきや、月に1度ぐらいのペースで
着物でお出かけしています。
そしてセールに乗じて追加でアンティーク着物をまた購入してしまいました。たはー!

02.jpg

こちらは2月にあった寄席に着て行ったコーディネート。
親戚からいただいたしっかりとした袷の着物です。
本当は名古屋帯がよいのでしょうが、なれない帯はまだしんどい&うまくできないので半幅帯&羽織にしてみました。

新しい着物は下の2つ。

03.jpg

シックな和風チェックと派手なピンクの組み合わせがお気に入り。

01.jpg

ちょっと可愛すぎるかな、と思いましたが春はこのぐらい可愛らしい方が気分かなーと思ってこちらに。
可愛いけれどサイズが小さいので(おそらく155cm以上のひとは無理だと思う)売れ残っていたそうです。ラッキー!

6月ぐらいには夏の着物&浴衣となってくるので、実質今手持ちのもので年間楽しめるぐらいには揃ってきました。
小物はあれこれまだ足りませんが、その辺りはボツボツ揃えていきたいと思います。
posted by atelier ricca at 09:34| Comment(0) | life