2018年10月01日

今年の福岡出張

恒例の福岡出張に行ってきました

今回も出張と言いながらも福岡を満喫し、打ち合わせも挟みつつ、お世話になっている方や初めましての方に過去最多人数会い、もう台風なんて吹っ飛ばすぐらい(実際にほとんど影響なく)楽しんできました

私の周りの福岡の人達はなんでこんなに個性的で面白くていい人が多いの?!と毎回笑い話になるのですが、たとえ距離があっても、年に1回しか会えないとしても、また会いたいなと思える人がいるのは幸せですし、がっかりされないように頑張ろうと毎年のモチベーションになります

というかもはや第3の故郷?笑

今年も帰ってきましたー!という気分


そんなわけでとにかく人に会って喋り倒して、たくさん感じたこと思ったことはあって、でもそれはきちんと自分の中で消化させてから、何かの形でお伝えやお返しできればなとは思います


そしてお土産楽しみだ←結果食べ物


当分は福岡の余韻に浸りながらホクホクします


お世話になりました!

posted by atelier ricca at 17:37| Comment(0) | life

2018年09月27日

また来るのかい、台風

月に一回届く北海道の希望農場の豚セット
先月の北海道地震で大丈夫かな...と気にはしていたのですが、今月のセットと共に届く農場便りに被害の状況が農場は厚真町にあるため(これは知らなかった)やはり被害が大きく豚舎は全壊や半壊し、300頭弱の豚が犠牲となってしまったそう...
人的な被害や家の被害はなかったそうですが、復旧の大変さはもちろん、スタッフの方達の心境は計り知れないもの
届いたお肉は感謝して、大切に頂こうと思います

そんなこんなでようやく台風の話題も落ち着いたところに次の台風がやってくる予報
前回の台風でみんな言っていたのは「台風でまさかこんなことになるとは」

950hPaで上陸した前回の台風で学んだこと
・当たり前だけど外出しない(トタン屋根が飛ぶ、電線が切れる、ベランダが飛んでくるなどとにかく見たことがない景色になる)
・車でも外出しない(車が横転する、石などで車体が傷だらけになる、駐車しているときに電柱が折れてくる)
↑今回の台風で保険額がかなりの支払いになったそう。廃車になったという話も聞きました
・当たり前だけどベランダにはものを置かない(室外機も動く)余力あれば網戸も外す
・950hPaならば窓に養生テープで飛散防止、目張り、飛散防止シートなどを貼るのも一考。ブルーシートもできるなら用意
↑外壁か瓦が飛んできて窓ガラス割れた、外壁に木が刺さった話も聞きました。瓦も飛びます。
・カーテンを閉めて窓から離れておく(雨戸も飛ぶ場合あり)
・充電バッテリー、電池は万全にしておく、ラジオも用意(停電が解消してもアンテナやケーブル破損でテレビ見られないこと多発)
・トイレは行ける時に行っておく(特にマンション。停電になったら使えない)

ほとんど風対策ですが、今回もこのレベルで警戒しようと思います
posted by atelier ricca at 20:21| Comment(0) | life

2018年09月26日

みんぱくと大阪日本民芸館

少し涼しくなりベランダでモーニングお灸も復活
そして行楽が楽しめるようになり、今年も行ってきました、みんぱくと大阪日本民芸館
みんぱくは地震で、大阪日本民芸館は台風で被害があり、2館揃ってようやく行ける様になったのは数日前でした
でも実際は万博公園の半分ぐらいがまだ倒木などで立ち入り禁止
全面再開はもう少し時間がかかりそうです

みんぱくはもう何回も行っているので、今回は散歩がてら気楽に館内を巡りました
そしてレストランみんぱくでベトナムの冷麺「ブンネム」を頂きました
ブンネムはお米の麺で、見た目や硬さが韓国冷麺に近く、やや硬め(というか弾力がすごくて簡単に切れない)
スイートチリソースで具材と一緒に頂きます
添えられている揚げ春巻きも美味しかったです

大阪日本民芸館はちょうど秋季特別展「民藝のバスケタリー―籠・笊・蓑―」を開催中
私の好きなカゴを中心とした編組品を展示しており、タイミングよく学芸員の解説も聞くことができました
かっこよく見せようとして作ったものではなく、必要に応じて網からや密度、素材を変えて作られた民芸品は無駄なものがなく本当に美しいものばかり
そして民芸館のお楽しみは、各地の民芸品が揃っているショップがあること
(これだけ買ってまだ欲しいのかと言われそうですが)迷いに迷っていつもの出西窯の小ぶりのお皿と漆の箸を購入しました
帰宅して早速使いましたが、やっぱり出西窯のお皿は使いやすくてかっこいいです


IMG_4838.JPG
posted by atelier ricca at 15:51| Comment(0) | life

2018年09月24日

ほぼ日の生活のたのしみ展

ほぼ日、といえば手帳や生活用品の開発、書籍にアプリ開発や学校といろんな活動をしている会社ですが、そのほぼ日の生活の楽しみ展が初めて大阪で開催されました。
イベントと言ってもデパートの催事イベントなので大したことないのかな、と思って何気なく行ったのですがこれが思いの外、買い物以外のことがとても楽しくて。
初めての東京以外での開催ということで、初日から糸井重里さん、伊藤まさこさん、轟木節子さんなど有名な人達が普通に店内をウロウロしたり、接客をしていたりしていて、「うわぁーやっぱりオシャレ!なんかオーラが違う!」なんてことも身近に体感。
開催中はモデルさんやほぼ日スタッフさんもプライベートでたくさん来ていたようです。
そんな状況をスタッフさんが毎日ずっとテキスト中継していて、それをみているとお客さんという立場ではなく、お祭り応援隊みたいな立場でイベントを連日見守っていました。

たまたま時間があったので会場に寄った時は、糸井さんと河野さんのトークイベントに遭遇。
たった5分程度の質問コーナーを聞いたのですが、糸井さんも河野さんもとてもお話がわかりやすく、言葉の選び方とか例とか…言葉でお仕事をしている人はちょっとの言葉でもぐっと気持ちを持っていくなぁと感心しました。
スタッフの方もお話が上手で、少し抽象的な質問も誰もがわかるようにサッと解説したり(きっと社内でいつもやっているのだと)、関西にありがちな勢いとノリでその場を作るのではない丁寧な言葉選びに主人もいたく感心していました。
素敵な雑貨を売ったり、オリジナル商品を企画したりする方が目にいきがちでしたが、こういう伝える力というのがほぼ日の根底にしっかりあるんでしょうね。

販売しているものは、ほぼ日で取り扱っている様々なもので、素敵なもの上質そうなものがたくさん。私もイヤリングキットとケーキクーラーを購入しました。

久々に学祭みたいな体験できて楽しいイベントでした。
誰でも参加できるようなオープンな雰囲気がとても素敵でした。
posted by atelier ricca at 12:25| Comment(0) | life

2018年09月19日

恒例家飲み会

頂きもののお酒が消化しきれないなと思ったら、親しい友人を呼んで昼飲み会を開催しています
今回は地震台風と続いたこともあり、あまり見かけない30年保存がきく保存食も実際に作って食べてみることにしました
(以前ブログで書いたかどうかすっかり忘れてしまいましたが)
アメリカのmountain houseというところのフリーズドライフードで、
私も正直「フリーズドライでスクランブルエッグにペッパーステーキとか!しかもアメリカ!本当に美味しいのかな」とかなり疑ってはいました(笑)
でも実際は日本のレトルト食品よりも味はあっさりしていて、みんな納得の美味しさ
ただカロリーは高めなので規定の1人分→2〜3人で十分(ありがたい話なのですが)
非常食を実際に使う様な時なんてきて欲しくはありませんが、実際に作って食べたことがあると安心感もかなりアップ

そして飲み会恒例のアナログゲーム大会
今回は「顧客が本当に必要だったものゲーム」
実はちょうどこのゲーム面白そう!と気になっていたもので
顧客の要望と、現実と、どうやって他の人に勝てるかと企むことで(笑)システム開発者の苦労を身をもって体験するゲームです
(なんだか辛そうなゲームですが、頭使って楽しい内容)
次回はフォントかるた(拡張版込み)またしましょう!
posted by atelier ricca at 18:08| Comment(0) | life